歯のくすみ 歯磨き粉

歯のくすみが取れるおすすめの歯磨き粉はどれだ?

歯のくすみ,歯磨き粉

歯のくすみ・ステイン・ヤニなど歯に付く汚れが気になる方に、歯のくすみを含めた着色汚れが取れる歯磨き粉をご紹介します。

 

歯磨き粉というと数多くの商品が販売されています。

 

歯のくすみを取るために試してきた歯磨きグッズの中でも重要な歯磨き粉を、いろいろな面から比較してランキング化しましたので是非参考にしてくださいね。

歯のくすみを取るためにおすすめのホワイトニング歯磨き粉ランキング!

歯のくすみ,歯磨き粉

そこでお勧めできるのは、歯のくすみが取れるホワイトニング歯磨き粉の中でも研磨剤の入っていないジェル状の歯磨き粉です。

 

ジェル状のものであれば、歯の表面を覆うエナメル質を傷つける研磨剤の入っていないものが多いんです。

 

歯の表面の保護材であるエナメル質を傷つけるのは、その場では汚れが落ちるように感じますが、傷ついた部分に汚れが入り込んでしまい、長期的にみると余計に歯のくすみが気になるという結果に繋がってしまいます。

 

下記のランキングでは、研磨剤も無しで、ホワイトニング成分の高いものをまとめてみました。

 

出来るだけ自宅で歯のくすみが取りたいという方は参考にしてくださいね。.

 

 

歯のくすみ,歯磨き粉

 

LillyWhite(リリーホワイト)の特徴

 

★歯のくすみが取れる上にコスパが最強!
★歯茎にも優しい成分配合!
★歯周病予防、歯肉炎の予防にも効果的!
★一日当たりの価格も安い(ジュース一本分程度)!
★1本あたり3980円で初月から解約も可能!

 

 

歯のくすみ,歯磨き粉
歯のくすみ黄ばみ取りにはコスパが最強!

 

口内トラブルの原因でもある虫歯や歯肉炎なども防止!

 

医薬部外品なので安心して使える!

 

効果高さとコスパが最強なうえに定期購入などの縛りも無く試しに使ってみるには一番おすすめ!

 

 

接客業なのにコーヒーなど色の濃い飲み物が好きで、歯の汚れが気になっていました。

 

歯科医院のホワイトニングも試したのですが、すぐに汚れが戻ってしまい予防も含めてリリーホワイトを試してみようと購入しました。

 

リリーホワイトを使い始めて2週間くらいで白くなるのが分かってきます。

 

特にコーヒーなどのステインには効くのが早いようですね。

 

研磨剤も入っていないのにツルツルになる感じが気持ちいいです。

 

今までは研磨剤で傷つけたところにコーヒーを飲んで、逆にステインの沈着しやすい歯を作っていたんだなって実感しています。

 

これはお勧めしたいホワイトニングですね。

 

28歳 アパレル店員


 

評価 歯のくすみ,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ポリリン酸ナトリウム
その他の補助成分 イソプロピルメチルフェノール、ビタミンE酢酸エステル、グリチルリチン酸ジカリウム
定価 5980円(税別)
お試し価格 3980円(税別)
定期購入価格 3980円(税別)
継続条件 1回目から解約可能(縛りなし)
1回当たり価格 115円(2箱31回使用の場合)

 

LillyWhite(リリーホワイト)公式

 

歯のくすみ,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

 

 

ネージュ

 

歯のくすみ,歯磨き粉

 

ネージュの特徴

 

★歯科医監修で本格的なホワイトニングが可能!
★研磨剤も入っていないので歯を傷つけることが無い!
★虫歯や歯肉炎などにも効果的!
★@cosme『歯磨き粉部門』1位獲得!
★初回限定2980円!

 

歯のくすみ,歯磨き粉
汚れ落としには効果は最強!

 

コーヒー・ワインなどの汚れには効果が一番高い!

 

一日当たりの価格は若干高くなるが、効果が出るのが早く人気の商品!

 

価格よりも効果重視の方にはこちらがおすすめ!

 

本格的な歯科医の方が監修しているという事で使ってみました。

 

芸能人の方も多く使っているようなので。

 

歯磨き粉代わりに使用して、普通の歯磨き粉はやめて効果を見てみました。

 

使用感はさっぱりとしていて、特にスッとするとかミントが強い感じはしません。

 

磨いた後も変な味も残ることも無く、自然にブラッシングだけしたような感じです。

 

ホワイトニング効果の方は、3週間ほど経ってから主人に聞いたところ『白くなっているよ!』ってわかるくらいになってきました。

 

自分だと毎日見ているのであまりわかりませんが、見てもらうと白くなってきているようです。

 

更に白くなると思うと毎日歯磨きするのが楽しくなってきますね。

 

30歳 自営業


 

評価 歯のくすみ,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ケイ素・圧縮酸素
その他の補助成分 ダマスクバラ花水・シリカ・ヒドロキシアパタイト・炭酸Ca・カルポマー
定価 6000円(税別)
お試し価格 初回限定2980円(税別)
定期購入価格 4980円(税別)
継続条件 初回を含む3回継続必要
1日当たり価格 121円(3か月90日間使用の場合)

 

ネージュ公式サイト

 

歯のくすみ,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

 

 

 

 

 

歯のくすみ,歯磨き粉

 

レディホワイトの特徴

 

★口臭・虫歯予防にも効果的!
★ポリアスパラギン酸でコーヒー・ワインのステイン除去にも!
★研磨剤・発泡剤、漂白剤不使用!
★雑誌メディア、モデルさんも愛用!
★初月2750円送料無料!

 

歯のくすみ,歯磨き粉
ポリアスパラギン酸の効果で、黄ばみやステインの除去と再付着防止効果が高い!

 

一日2回使える容量なので効果が出るのも早い!

 

使い心地も評判が良い!

 

一日に何度も歯磨きする方には容量も多く定期的に使い続けるには特におすすめ!

 

 

もう本当にドラッグストアの歯磨き粉を何本も使ってきました。

 

何となくの効果は見えるのですが、これといって白くなる商品が無く困っていました。

 

いままで通販のものは高くて敬遠していたのですが、ここは試しにと使ってみました。

 

市販の安いものと違って、使用感はすごくいいです。

 

アップルミントのさわやかで自然な感じの香りが良いです。

 

口臭予防にもなりますし、虫歯の予防にも効果が高そうです。

 

ホワイトニング効果も10日ほどで急に白くなり始めました。

 

それから1か月ほど使ってみて、徐々にではありますが白くなってきています。

 

口臭も気にならなくなって、歯磨き粉代わりに使うだけで歯も白くなるのはお勧めですよ!

 

33歳 主婦


評価 歯のくすみ,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ポリアスパラギン酸ナトリウム
その他の補助成分 アスコルビン酸、アラントイン、イソプロピルメチルフェノール、キシリトール、GTO
定価 5500円(税別)
お試し価格 50%オフの2750円初回(送料無料)
定期購入価格 5500円(税別・送料無料)
継続条件 初回を含む3回継続必要
1日当たり価格 152円税別(3か月90日分継続の場合)

 

レディホワイト公式サイト

 

歯のくすみ,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

数々試した私が選んだ、歯のくすみが取れる歯磨き粉!

 

歯のくすみ,歯磨き粉

このランキングでは、歯のくすみや黄ばみに悩んだ私が試した中でもおすすめの商品をランキング化しましたのでご紹介したいと思います。

 

歯のくすみや黄ばみを取るというと、削ってしまえば取れるという事で”研磨剤入り”の歯磨き粉を選ぶという方が多いと思います。

 

実は研磨剤は歯の表面に傷をつけて、歯のくすみや歯の黄ばみが付きやすくなってしまうという事をご存知でしたか?

 

私も最初期になって使い始めた時には、市販の研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシ磨いてしまっていました。

 

歯科医の友人に教わった事実!

歯のくすみ,歯磨き粉

あるとき歯科医の幼馴染の友人に相談したところ、研磨剤は逆効果だよ!というアドバイスをもらいました。

 

なんとその友人の歯科医の方も、研磨剤の含まれていない歯磨き粉を使っているとのことです。

 

3か月に一度や半年に一度の歯のクリーニングに使うクリーニング剤には研磨剤が含まれているが、毎日使う歯磨き粉には含まれていると傷がついて逆効果という事なんだそうです。

 

そこで研磨剤の入っていない歯磨き粉を探していると、自宅で出来るホワイトニング専用の歯磨き粉があることが分かりました。

 

歯のくすみを取るならホワイトニング歯磨き粉がばっちりだという事で色々調べて、試してみたところ実際に歯が白くなってきました。

 

そこで私が選んだおすすめのホワイトニング歯磨き粉をランキング化しましたのでご覧ください。


歯のくすみを取るために必要な歯磨き粉選びとは?

歯のくすみ,歯磨き粉

歯のくすみを取るために必要な歯磨き粉を選ぶ際におすすめの方法をご紹介します。

 

歯のくすみというと、歯の汚れ全般の事を指すと思います。

 

  • コーヒー・ワインなど色の濃い飲み物のステイン
  • タバコのヤニ
  • 歯垢などの汚れ

 

主に歯のくすみというと原因はこのようなものだと思います。

 

この歯のくすみを取るためには、歯の表面に付いた汚れを取るというイメージだと歯の表面を削ってしまう研磨剤を含む歯磨き粉を想像すると思います。

 

しかし、先ほども書きましたが、歯の表面を削ってしまう事を繰り返すと、歯の表面を覆っているエナメル質を傷つけることとなります。

 

その結果、歯のくすみや黄ばみが酷くなってしまって本当に歯科医のホワイトニングに通わないと取れないような気になる黄ばみに進行してしまう可能性があるんです。

 

研磨剤の無い歯磨き粉をお勧めする理由。

歯のくすみ,歯磨き粉

実際に色々と試してみると、研磨剤入りの歯磨き粉では黄ばみやくすみは落ちませんでした。

 

細かく比較すると、最初に比べると落ちているのかもしれませんが、ホワイトニング歯磨き粉を使った場合と比べるとほぼ落ちていないという方が正かもしれませんね。

 

ホワイトニング歯磨き粉の場合は、ステインなどの沈着した色素を落とす効果もあるので、使い続けていくと徐々に白くなっていくのが分かります。

 

しかし市販のホワイトニング歯磨き粉では、若干の表面の汚れ落としにしか効果が無いというのが私の感想です。

 

一番おすすめのホワイトニング歯磨き粉は?

歯のくすみ,歯磨き粉

私の一番のおすすめは、ランキング1位のLillyWhite(リリーホワイト)です。

 

リリーホワイトなら、ホワイトニング効果も高く、通販にありがちな定期購入縛りなども無いので、まずはお試しで使ってみることが出来ると思います。

 

一日当たりの価格も一番安い(ジュース一本程度)ので、金銭的な負担も少なく始められるし、続けることも出来ると思います。

 

ホワイトニングの実力もあり、歯科医でも使われるポリリン酸ナトリウムが白い歯を早く実現するところも魅力ですね。

 

リリーホワイト詳細はこちらから↓

歯のくすみ,歯磨き粉

 

 

 

歯のくすみが取れる歯磨き粉選びのポイント

 

研磨剤入りの歯磨き粉は選ばない!。

 

ホワイトニング成分の高いコスパの良いものを選んで続けること!

 

 

>>コスパの良い歯のくすみが取れる歯磨き粉はこちら<<

色の濃い食べ物を食べると歯がくすむ?

歯のくすみ,歯磨き粉

歯のくすみとは基本的に色の濃いものを食べる方に多い現象です。

 

ステインという着色が歯に起こってしまい、歯の表面が黄ばんだりくすんだりします。

 

その原因は、歯の表面に色の成分が付着してしまう事です。

 

歯をあまり磨かなくても歯のくすみは起こりますが、逆に歯を磨きすぎたり、強い研磨剤の入った歯磨き粉で磨いてしまい歯のエナメル質に傷をつけてしまったりしても歯のくすみは置きやすくなります。

 

色の濃いものを食べたら歯磨きすれば良い?

 

当然色の濃いものを食べた後には歯を磨いた方が色素の沈着が起こりづらいのですが、研磨剤の入っている歯磨き粉を使用しすぎても歯の表面に傷をつけてしまい、その傷に細かい着色物質が入り込み、表面には歯のくすみとして見えてしまう現象が強くなってしまいがちです。

 

一番いいのは、研磨剤の入っていない歯磨きジェルで歯の表面を優しくぶらっしんつしておくことです。

 

歯の表面に着いたステインなども今ではホワイトニング歯磨きジェルで内側から剥がして落とすというジェルも発売されていますのでおすすめですよ。

 

色の濃いものを食べた後には、研磨剤の入っていないホワイトニングジェルで優しくブラッシングをするのがベストですね!

 

>>研磨剤のハ入ってないジェル歯磨き粉はこちら<<


歯のくすみは塩で歯磨きしても落ちる?

歯のくすみは塩で歯磨きすると落ちるという説があります。

歯のくすみ,歯磨き粉

 

市販の歯磨き粉でも”塩”って書いてあるものも売っています。

 

実際に塩でも歯のくすみは落ちるのでしょうか?

 

塩では歯のくすみは取れない。

結論的には塩では歯のくすみは取れません。

 

塩というのは粒ですから、その粒が研磨剤の役割をするのと、歯の表面が引き締まるような気もしますが、特に塩ではなんの効果も得られないようですね。

 

むしろ歯の表面を傷つけて、ステインなどの沈着を起こしかねません。

 

歯のくすみを取りたいのであれば、やはり研磨剤の入っていない、ホワイトニング歯磨きジェルが一番おすすめです。

 

なぜ塩の入った歯磨き粉が売っているのか?

塩というもの自体の効果として、殺菌作用があげられます。

 

口内が殺菌されて、歯の汚れからミュータンス菌がいなくなり歯が引き締まるというようなイメージも持つかもしれませんね。

 

でも実際には口内を殺菌するほどの効果は無く、どちらかというと血管の収縮作用はあるので、歯茎は引き締まるかもしれませんが、歯が白くなったり、歯の表面が綺麗になったり、虫歯予防になったりという効果は期待できないんですね。

 

味的にはしょっぱいと今までと違う感覚で、今までが効かなかったためにこっちならいけるんじゃないかという期待度だけです。

 

実際に塩の歯磨きは、味的に珍しいと感じただけなのかもしれませんね。

 

何よりもしっかりと磨き残しなく磨くことが重要です。

 

>>おすすめのホワイトニング歯磨きを見てみる<<